2018年12月03日

六歳のころ

私が6歳のころ「ペヤングソースやきそば」が発売されたらしいです。

私が初めてカップ焼きそばを食べたのは
小学生の高学年だったかなと思います。

初めてのカップ焼きそばは
日清のUFOでした。

名古屋地区に販売があったのか
なかったのか
わかりませんが
私がペヤングを初めて食べたのが
静岡の雀荘でした。

こじんまりした雀荘で
(人生初の雀荘でしたが)
親父さんが作ってくれるのですが
これがまた
湯切りまでの時間が早く(多分1分くらい)
固麺仕様になるのでした。

でも
もともとラーメンとかも固麺派の私にはジャストフィット!

あの胡椒を効かせてたソースも絶妙で
ハマってしまいました~

ここ最近はズッとペヤングなんです。

あの事件があって市場から無くなったのは
プチロスを感じて寂しかったですが
無事に復帰してくれて良かったです。

あと
ペヤングはイロイロな味のバージョンが期間限定で出ているようでしたが
特に冒険はしませんでした。

しかし
辛い物好きな私を挑発する焼きそばが夏に発売されました。

ペヤング
激辛やきそばEND

です。

ヤバイ情報が横行するなか
いつか挑戦してえみようと考えていましたが
やっと実行できました。

ソースをかけた瞬間に巷に流れる噂を実感できました。

匂いからして痛い・・・

見た目は まあ普通ですが


実食すると・・・舌が痛いです。

美味しい辛さを超えてました。。。

そのままで食べれなくもないですが
痛いだけですので
別に罰ゲームをしているわけでもないので
断念しました。

まずはマイルドにすべく
マヨネーズをかけます。

これで まあまあ食べれrますが
まだ少し痛い

さらに生卵につけて食べたところ
やっと辛さを抑えられて食べれましたが
もはや卵味の麺
焼きそばではなくなっています。。。

リピートは無しと確定しました。

posted by 省吾 at 20:50| 日記 | 更新情報をチェックする