2019年01月14日

バレンタインとチョコレート その1

我が家の近くにはイオンがあるのですが
催事場のスペースでは先週まで冬物衣料のセールが行われていましたが
今週にはすっかりバレンタインの売り場に様変わりしました。

そんな季節ですね。

バレンタインデー 
日本では女性が好きな男性にチョコを贈る日となっていますね。

なぜ
このような風習が出来たのか
というのは毎年の話題ではないでしょうか


諸説の中には
チョコレートメーカーの戦略?策略?なんてのもよく耳にしますよね

そもそも
何故「バレンタイデー」と呼ばれるのでしょうか

英語に記すと
Saint Valentine’s Day
ですね

訳すと
聖バレンタインの日
となりますね

西暦3世紀頃、ローマにいた
キリスト教司祭のバレンティヌスから由来しているという説があります。

当時のローマ帝国皇帝 グラディウス2世は
愛するものを故郷に残してくる兵士がいると士気が下がる
という理由で兵士の結婚を禁止していたそうです。

それを哀れに考えていたウァレンティヌス司祭は、兵士のためにこっそりと結婚式を挙げていたそうです。

しかし
秘密の結婚式は、やがて皇帝グラディウスの耳に届きます。
皇帝から禁止令を受けていたウァレンティヌス司祭は命令に応じず
最後には処刑されてしまうことに・・・・
その処刑の日が2月14日
ウァレンティヌス司祭はルペルカリア祭に捧げる生贄となりました。

こうして
元々はローマの祭日であったルペルカリア祭は
キリスト教徒でも恋人たちの日として祝われるようになったと言われています。
しかし
これも諸説のひとつですし
ウァレンティヌス司祭についての実在性も明らかになっていないため
現代のカトリック教会においては
バレンタインの記念日は祝日となっていないそうです。


さて
バレンタインにチョコを贈るというのは
日本独特の風習だそうです。

1970年代の後半ごろに
バレンタインの日にチョコレートを好きな人に贈るというのが
定着したようです。

それが昨今となっては
義理チョコ
友チョコ
逆チョコ
自己チョコ
いくつかのパターンが出てきて益々
チョコレートメーカーは売上が上がって
心踊る季節なのかもしれませんね。


ちょっと長くなってきました・・・続きは次回へ・・・
posted by 省吾 at 20:22| 日記 | 更新情報をチェックする